コレステロールをしっかり減らそう|悪玉成分を増やさない栄養素ナビ

目の保護に効果のある成分

疲れ目

目の疲れを眼精疲労といいます。眼精疲労はスマートフォン等から発せられるブルーライトや長時間目を使ったことにより起こることがあります。この眼精疲労を防ぐためにルテインやアントシアニンの含まれたサプリメントを活用しましょう。

もっと見る

毒素を分解する

女性

オルニチンには、肝臓で毒素を分解するオルニチンサイクルを発生させる効果があります。オルニチンはアミノ酸の一つで、しじみに含まれていることが多いですが、サプリメントに大量に含まれていることもあります。

もっと見る

増やさない方法

お腹

コレステロールは決して体に悪影響を及ぼすだけのものではありません。コレステロール単体に問題があるのではなくその量が増えすぎてしまうことが問題なのです。そのため、コレステロールが増え過ぎないようにする方法を把握しておく必要があります。コレステロールは2つにわけられます。その一つが悪玉コレステロールです。悪玉コレステロールは増えることで血管を硬めてしまう効果を持ったものです。善玉コレステロールは、この悪玉コレステロールの効果である血管を硬めてしまわないよう血管を柔らかくする効果があります。悪玉コレステロールが増えてしまうと、動脈硬化になる可能性もあるため、それを減らす必要があるのです。

ただ、コレステロールは食事を取るだけでも増えてしまうことがあります。そのため、コレステロールが増えてしまう時は、それを減らす効果を持った成分を活用することが大切です。コレステロールを減らす成分の一つがナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは納豆に多く含まれる栄養素の一つです。血管を硬めてしまう悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにする効果を持っているため、サプリメントから補給するのも一つの方法です。サプリメントによってはナットウキナーゼだけではなく、DHAやEPAを含んだサプリメントもあります。悪玉コレステロールを減らすこれらの栄養素を同時に補給することでコレステロールの量が正常に戻るかもしれません。ただ、サプリメントの飲み過ぎには気をつけることが大切です。

エストロゲンと似た成分

女の人

エクオールは、大豆の成分である大豆イソフラボンに含まれる栄養素が変化した成分の一つです。更年期障害によるイライラを抑制するエクオールは、サプリメントで補給することも可能です。

もっと見る